ご挨拶


皆さんこんにちは、到津メンタルコンサルティングの到津悠です。 私は大学卒業後法人で通常業務を経た後、経歴を考慮され5年間一般の方の心理相談を受けました。 その後心理カウンセリングルームを開設して独立、神奈川県で7年、東京都内で8年心理カウンセリングルーム院長を行ないました。 合わせて20年、心理カウンセリングに携わっています。

私は欧米主流のカウンセリング理論だけでは日本人の気質に合わない事も多く、各種療法のよい部分を日本人に効果が出来るだけ早く出るよう独自のカウンセリングスタイルを用いて、ほぼ毎年1500件程のカウンセリングや各種の相談を受けてまいりました。 この事はカウンセリングだけにとどまらず、全てに共通するのではないかと学生の頃に今と同じ考えを持ち、建学の精神の違う2つの大学で学びました。 慶應義塾大学でグローバル的な視点を持つ事の大切さを、更に日本文化の継承維持を特徴にする國學院大學に学びました。 カウンセリングは臨床力をより付ける為大学以外にも養成機関3ヵ所に通いました。

50歳を過ぎた今、微力ながら深刻な相談を抱えている方とこの分野がより社会貢献をしていく為に、第2のカウンセラー・カウンセリング活動に入る決意を固め、到津メンタルコンサルティングを開設しました。詳細はプロフィールQ&A

私のカウンセリングルームは、東京都内の某所にあり、研修生を含めて心理カウンセラー6名と院長の私で行っていました。 斯界では中堅規模のカウンセリングルームだと思いますが、首都圏はともかく、今迄九州地方を除くほとんどの地方の方が来室されています。 これはとてもありがたい事でもありますが、斯界の為には決してよい事ではありません。 是非信頼され、日本人のためのカウンセリング技法を学ばれた実力のあるカウンセラーが増えて頂き、カウンセリングルームも各地に点在すべきだと思います。 クライアントの負担が軽くなり、多くの悩みや病で苦しんでいる方の、手助けをしてほしいと願っています。 私が出来るのですから、志のある多くの方が、プロカウンセラーとして活躍出来るはずです。 但し、その為の環境が整っていない事と、志す方に向き、不向きがある事も事実です。

この事を含めて、最も心を動かした事は以下の三点です。

現在のカウンセリング養成機関(大学でさえも)があまりにも営利主義になりすぎていて、多くのカウンセラーに興味がある方の希望と無駄なお金を取り上げています。 まして、しっかりした教育、実務訓練を受けずに開業されることは相談者を犠牲にしてしまいます。 就学を考える前、開業を考える前に私でよければご相談ください。

カウンセラーを志す方は様々な先生のカウンセリングを受ける事は色々な意味でとても大切な事です。 ここで10,000円が高いと思われる方とご自身が心の病の既往(歴)がある方はあっさり諦めた方がよいと思います。 いずれにしても、今現在各地に臨床経験豊富なカウンセラーが極端に少ない事は事実です。

次にアメリカで成果を出していると言われているEAP(従業員支援プログラムに)に私は長年関わってきましたが、日本人の気質的な面で効果があまり出ません。 もう既に社員のメンタル不全でお困りの企業もあり、EAPの提携をされているところもあるでしょうが、こちらでさえ、まだまだ問題の全てを把握、対処出来てないのが実情です。(何せ会社が折角用意しても極端に利用者が少ないのが現状です。)まして、まだ大丈夫などとお考えや、うちには関係がないと思われている経営者の方の会社はEAPに関わらずメンタルヘルスの各種対応を行なわなければ手遅れになる可能性が大きいと思います。(EAPに関しては社員が利用しやすいプログラムと本当に実力があるカウンセラーを確保が出来るかが日本に定着できるかの鍵になるでしょう)

今後はメンタルヘルスを会社の最重要項目の一項に位置付けていなければ崩壊する企業が多数出ます。

臨床現場では今大変な状況を目の当たりにしています。私自身が何でこの様になったか驚いています。 メンタルヘルスの問題が会社に影響を及ぼしだすと修復に相当な時間を要します。特に中小企業ではその期間を持ちこたえられないでしょう。 (社員を取り替えれば済むなどとお考えの方はとんでもない時代遅れです。少子化に加え、引きこもりだけで全国に100万人以上いて、更に増加しています)今すぐに何かしらの対策をはじめられる事をお薦めします。

最後は女性の方のカウンセリングです。 女性の方が心の病にかかると長期になる傾向があります。 これは、良質な休養が仕事、家事、子育て等に追われて取れないことが最大の原因です。 また、相談も複雑なケースが多く解決までに時間がかかります。 私はこのような環境にある方のためにも出来るだけ早い解決(カウンセリング)と1回である程度アドバイスを与える指示療法(コンサルティング)を今後行っていく事にしました。勿論男性の方もこのカウンセリングとコンサルティングを受けて頂く価値がある方が大勢いらっしゃると私は思っています。

幸いにも他の先生方も充分臨床経験をつまれ、立派な心理カウンセラーに育ちましたので、 今迄のカウンセリングルームを譲渡し、私は長年クライアントに育ててもらった経験を基に、個人には各種の心理療法を日本人に合わせたカウンセリングと独自の実存分析療法を柱に指示的療法を用いたコンサルティングを施し、更に中小企業とカウンセラーを目指す方の為のコンサルティング行う活動を始めました。

独自理論の確立などとはまだまだ言えませんが、各コンテンツに私論を書いています。 読んで頂いて、関心がありましたら、是非お声を掛けて下さい。 銀座の事務所の他、全国どこにでも出向し、何等かしらのお役に立ちたいと思っております。

私は地方の民間風習の勉強が、日本にあったカウンセリング理論確立の為に、絶対に必要だと思っております。 又、各地の美味しい物も食べたいし、何か心が洗われる・自分が変えられる・英気がもらえる様なスポット探しをさせて頂きたいと思っています。

ページトップへ


情報


到津の本が発売されます!

プロフィールQ&A

到津 悠のプロフィールに関するQ&A

カウンセリングルームの選び方

カウンセリングルームってどこを選んだら良いか迷いますよね。

到津メンタルコンサルティング

東京都中央区銀座6−6−1
 銀座風月堂ビル5F

お問い合わせ
info@itouzu.com