日本人には日本人に合った心理カウンセリングが必要です|到津メンタルコンサルティング|東京銀座

東京銀座、到津(いとうず)メンタルコンサルティングでは、日本人に合った心理カウンセリング、メンタルコンサルティングをご提供しております。

日本人には日本人にあったカウンセリングが必要です

ホームお知らせブログ ≫ 新ウィルス対策について|東京カウンセリング銀座ルーム ≫

新ウィルス対策について|東京カウンセリング銀座ルーム

昨年ホームページを作り変えたことにより、提携会社のサポートを受けながらですが、当室スタッフでもホームページ内の編集が出来るようになりました。

どんどん便利になってそれぞれが発信したいことがお伝え出来ることは、とても良いことだと思います。

先ず心理カウンセリングに30年携わっていることで、皆様のお役に立つ情報を盛り込みたいと徐々にホームページ内の記事を増やしています。
しかし、改めて読み返してみると記事のボリュウムが増え過ぎて、皆様がカウンセラーを探される際等、なかなか知り得たい事項まで辿りつきにくくなっているのではと気づきました。

そこで時々になりますがこちらにも私、到津が発信したいことを書かせていただくことにしました。

さて、中国で発した新しいウィルスの広がりはとても不安ですね。心理面では過度な捉えかたも、此処は絶対大丈夫と思われるのも如何でしょうか。
心理面の対策としても、やはり専門家が繰り返し発言されている通り、一人一人がこまめな手洗いやうがい、外出時のマスクやアルコール消毒の実践しか今は無いのでしょう。

そして免疫力を日頃から高めておくことはこの件に限らず、健康な生活を送るためにはとても大事なことです。

私はどのようなご相談でも先ずカウンセリングで副交感神経(リラックス時)がより導かれるよう心がけています。
交感神経(緊張時)が高くピリピリした状態ではカウンセリング効果も上がりませんし、相談者の判断力も鈍ることが多いからです。

この副交感神経が多く導き出されることは=免疫力が高まることに繋がります。
仕事をされる時などは交感神経優位な時間帯が多くて当然ですし、全身が緊張していれば風邪をひかない説もありますが、常時緊張して風邪予防をしているより副交感神経をより多く導く生活をされ、免疫力を高める方が何事につけてもよい訳で、今回のウィルス対策にも必ず効果があると思います。

副交感神経優位な生活とは個人によって違いますが、健康な生活の為に実践すべきことは昔から言われている通り快眠・快食・快便の実践です。
現代人にはすごく難しいことになるのかもしれませんが、健康なお年寄りが多い所では年齢に関わらず普通にできていることです。生活環境が違っても快眠・快食・快便を個々に何か工夫をされ実践できる生活を送られることを、新ウィルス対策も含めお勧めします。

新ウィルスの一日も早い終息を願いつつ一旦筆をおきます。
2020年01月30日 11:21

モバイルサイト

到津メンタルコンサルティングスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら

到津メンタルコンサルティング
〒104-0061
東京都中央区銀座6-6-1
銀座風月堂ビル5階
銀座ビジネスセンター内6号室

開室日 木・金・土曜日
(祝日は休室)

開始時間 9時45分~19時30分

事務対応 毎日10時~19時
メール随時受付