日本人には日本人に合った心理カウンセリングが必要です|到津メンタルコンサルティング|東京銀座

東京銀座、到津(いとうず)メンタルコンサルティングでは、日本人に合った心理カウンセリング、メンタルコンサルティングをご提供しております。

日本人には日本人にあったカウンセリングが必要です

ホーム ≫ お知らせブログ ≫

お知らせブログ

人の目を気にする方へ|東京カウンセリング銀座ルーム

プロ野球の名選手、名監督、名解説者であった野村克也氏がなくなりました。私は特にヤクルトの監督のイメージが強いのですが、野村氏の指導を受け現在指導者として12のプロ野球監督中、半数の6球団の監督、更に全日本の監督、楽天のゼネラルマネジャーなど数多くの指導者が活躍している通り、後進を育てる力は特質される方でした。

野村氏は教え子達に「人に気を使い・人から気を使わせるな」と厳しく指導したようです。その教えは指導者となられた後進がプロ野球選手の前に人間力を高めるために教え継ぐことになるでしょう。

東京銀座でカウンセリングをしているとメンタル(心の病)関係、職場や夫婦、恋愛問題、アダルトチルドレン、共依存、性格改善などご相談内容は様々ですが、相談者の共通項がいくつかあり、その代表の一つが人の目を気にしすぎることです。

野村氏が教えられたように人に気を使う、人に気を配ることは、人と人との間で生活する私達にはとても大切なことですが、「過ぎる」と生きづらく、生活しにくくなります。
東京銀座でカウンセリングをしていると特に人からどう思われるか、人からどう見られるかと、人を気にし過ぎる傾向が地方でのカウンセリング相談者より際立って多く感じられます。

原因は多々ありますが、特に都市では親から厳格に育てられること、いじめが陰湿か凶暴、教師(親)達の行き過ぎた偏差値重視教育などが挙げられると思います。

更に夫婦共々高学歴が多く、世間に逆行することを申し上げなければなりませんが、この高学歴どうしの夫婦は女性陣も対等かそれ以上に自己の意見を主張することも多く、子供から見ると言い争いやケンカの絶えない夫婦と捉えることが多くなります。
これらの結果常に自分はいい子でなければなりませんし、人の目、人の様子を過敏に意識する性格傾向になります。

他者が判断の基準となりますので、自分軸が弱くなり、自信もなくなります。
何事につけても他人からどう見られるか、どう評価されるのかを意識した生活になります。
その生活を続けていると更に「過ぎるが強くなり」全く自分に自信が持てなく、常にネガティブな想像ばかりするようになり、その想像は勝手に自分の中で事実に作り上げられてしまいます。
そして生きにくい・生きづらいと思いながらの生活を送ることになります。

育った環境から受けた偏った行動・思考・感情などを変えていくことはカウンセリング、心理療法でも時間がかかることですが、人の目を気にしすぎて、生きづらい方は先ず今までの小さな成功体験でもいいので、10位探し出してみてください。

そして寝る前や心が落ちついている時にそれらを思い出すクセを付けてください。
何も変わらない、続かないという方が多いのですが、対処療法ではなく根本からの修正には劇薬はありません。
ネガティブに勝手に捉え、それを事実だと決めつけているクセを修正するには、その回数より多く、成功体験を自分自身の中で刷り込まなければならないのです。

もう少しカウンセリングや心理療法で実践、学んできたことをこちらでお知らせできることがありますので、後日継ぎ足してみます。
2020年02月19日 17:41

日本から快晴がなくなる?|東京カウンセリング銀座ルーム

前回新ウィルスの一日も早い終息を願いつつとお書きしましたが、残念ながら現時点でさらに猛威を振るっています。
中国の方は大きなご心労があることでしょうし、世界中で様々な影響が出ています。
 
個人個人の取り組みとして快眠・快食・快便の実践を新ウィルス対策にも、日々の健康な生活にもお勧めしましたが、先日ニュースで地方気象台や測候所で職員が決められた時刻に目視で「快晴」や「薄曇り」とか出していたものが観測技術の向上で廃止され、機器測定で晴れ、曇りと判断し、快晴などの表記が使われなくなるそうです。
正確な情報として機器や基準を明確にしていくことも大事でしょうが、何となくこころ寂しい気がします。
 
快眠・快食・快便も何かで測られたり、定義があるものでなく個人の感想、気分です。
私はカウンセリングで嬉しかったこと、感動したこと、おいしかった物など聞きながら副交感神経が多く導かれる状態でカウンセリングを進めていくことを取り入れていますが、カウンセリング外でも快楽とか快感とか悦とかを意図的でも拾い上げながら生活されることを勧めています。

体調不全や悩みがあるときにそんなこと感じられないという方も多いのですが、悪い状況、ネガティブなことにばかり意識が集中しがちになっている方が陥っている症状だと分かってほしいです。
意図的でもぐっすり眠れた、おいしいな、スッキリ出たなと思い込む、自己暗示的に意識しながら生活する方が心豊かになり、体調も上がり悩みの的確な解決策も浮かび、かつ行動できるものです。因みに「りっしんべん」は心から出ています。
 
今まで専門の職員が目視で雲がない気象を快晴と表現していた空を見て、清々しい、爽やか、気分がいいとか感じる方は多いはずです。そして更に今日は何か良いことがありそうまで結び付けていくことが心身の健康にとても良いつながりになります。
 
機器の進歩は私たちの生活を豊かに、早く、楽にしてくれますが、一方で機器のとても早い進歩のスピードと、人間本来の歩み方のスピードが合わず現代人はストレスになっている面も多々あります。
 
メンタル不調の方の改善に医師が散歩を勧め、散歩なら少し早いペースで歩きながら有酸素運動をする方が効果が上がるのはエビデンス(科学的な証拠・根拠)で事実です。
実践されてよくなられた方も多いわけですが、私はゆっくり歩きながらきれいな花が咲いている、この家素敵、すれ違った人でもこの人とかわいい、イケメン、着こなしセンスいいな、と大袈裟にでも感じ取りながらの散策を勧めています。たぶんそう感じ取りながら歩いたほうがエビデンス(機器などで測る証拠より)を上回る効果があると心理のカウンセラーとしては思います。
 
天気予報で今日は「快晴」と聞くと、澄み渡った青空を見なくても心が軽やかになります。比べると「晴れ」はなにかもう一つ心がウキウキするものが無い気もします。

ギャル語がほんの何年かで広辞苑に載る時代です。一方、さだまさしさんが番組でよく取り上げている半死半生語に快晴がならないように願い、気象庁が使わなくなっても私たちは使い続けたい言葉です。
 
エビデンスのしっかりしたものだけが真実でなく、目に見えないもの尊さや心豊かになれる感じ取り方の生活も大切にしたいものです。
2020年02月09日 18:13

新ウィルス対策について|東京カウンセリング銀座ルーム

昨年ホームページを作り変えたことにより、提携会社のサポートを受けながらですが、当室スタッフでもホームページ内の編集が出来るようになりました。

どんどん便利になってそれぞれが発信したいことがお伝え出来ることは、とても良いことだと思います。

先ず心理カウンセリングに30年携わっていることで、皆様のお役に立つ情報を盛り込みたいと徐々にホームページ内の記事を増やしています。
しかし、改めて読み返してみると記事のボリュウムが増え過ぎて、皆様がカウンセラーを探される際等、なかなか知り得たい事項まで辿りつきにくくなっているのではと気づきました。

そこで時々になりますがこちらにも私、到津が発信したいことを書かせていただくことにしました。

さて、中国で発した新しいウィルスの広がりはとても不安ですね。心理面では過度な捉えかたも、此処は絶対大丈夫と思われるのも如何でしょうか。
心理面の対策としても、やはり専門家が繰り返し発言されている通り、一人一人がこまめな手洗いやうがい、外出時のマスクやアルコール消毒の実践しか今は無いのでしょう。

そして免疫力を日頃から高めておくことはこの件に限らず、健康な生活を送るためにはとても大事なことです。

私はどのようなご相談でも先ずカウンセリングで副交感神経(リラックス時)がより導かれるよう心がけています。
交感神経(緊張時)が高くピリピリした状態ではカウンセリング効果も上がりませんし、相談者の判断力も鈍ることが多いからです。

この副交感神経が多く導き出されることは=免疫力が高まることに繋がります。
仕事をされる時などは交感神経優位な時間帯が多くて当然ですし、全身が緊張していれば風邪をひかない説もありますが、常時緊張して風邪予防をしているより副交感神経をより多く導く生活をされ、免疫力を高める方が何事につけてもよい訳で、今回のウィルス対策にも必ず効果があると思います。

副交感神経優位な生活とは個人によって違いますが、健康な生活の為に実践すべきことは昔から言われている通り快眠・快食・快便の実践です。
現代人にはすごく難しいことになるのかもしれませんが、健康なお年寄りが多い所では年齢に関わらず普通にできていることです。生活環境が違っても快眠・快食・快便を個々に何か工夫をされ実践できる生活を送られることを、新ウィルス対策も含めお勧めします。

新ウィルスの一日も早い終息を願いつつ一旦筆をおきます。
2020年01月30日 11:21

ホームページをリニューアルしました。|カウンセリング東京銀座ルーム

ホームページをリニューアルいたしました。
カウンセリング東京銀座ルームでは、心理カウンセリング歴30年の到津悠が日本人に合わせた多くの心理療法を取り入れたアドバイス型カウンセリング(70分/10,000円 税込み)と、2時間(20,000円 税込み)でご相談内容をしっかりお聞きした上でのメンタルコンサルティング(どのようなご相談、ご質問に長年の臨床経験よりお答えしていきます)を行っています。

お申込み・お問い合わせはこちら
2019年05月14日 09:45

モバイルサイト

到津メンタルコンサルティングスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら

到津メンタルコンサルティング
〒104-0061
東京都中央区銀座6-6-1
銀座風月堂ビル5階
銀座ビジネスセンター内6号室

開室日 木・金・土曜日
(祝日は休室)

開始時間 9時45分~19時30分

事務対応 毎日10時~19時
メール随時受付