日本人には日本人に合った心理カウンセリングが必要です|到津メンタルコンサルティング|東京銀座

東京銀座、到津(いとうず)メンタルコンサルティングでは、日本人に合った心理カウンセリング、メンタルコンサルティングをご提供しております。

日本人には日本人にあったカウンセリングが必要です

ホームお知らせブログ ≫ 対面カウンセリングの重要性 ≫

対面カウンセリングの重要性

年頭にあたり新年のご挨拶をするべきなのでしょうが「明けましておめでとうございます」とはどうしても言えない心境です。
個人的な賀状にも迎春とだけ印字して後はそれぞれの方へのコメントとコロナの一日も早い終息を祈りますと妻と共同作業で書かせていただきました。
 
昨年末に継続は力なりと題してどのような状況になっても出来る限り東京銀座ルームでは対面でのカウンセリングを続けていきますとお伝えいたしました。
 
カウンセリング東京銀座ルームにご相談に来られる方の殆どは緊急事態宣言が再び発令された東京都とその近隣の3県の方々で、不要不急の外出はしないよう強く要望されています。
 
以前から何度も心理カウンセリングを受けたい、相談したい、アドバイスが欲しいと思われている方は、心身の不調や悩みが深刻なる前に早く相談されることが必要だとお伝えしています。
来室され対面で心理カウンセリングを受けられることは思い立った時にすべき必要な外出です。
 
私が対面での心理カウンセリングにこだわっているのは、先ず30年の心理カウンセラー経験で一度も対面カウンセリング以外をしたことがなく、臨床実績を最も評価していただいているカウンセラーとして他の方法では力が発揮できないからです。
そしてどのような相談内容でも東京の銀座まで来室していただくことが大きな改善、解決効果に繋がるからです。
 
対面での会話から分かる情報は多大なものがあり、一言一言によって瞬時変化する目力・表情やしぐさから心理カウンセリングの流れも変えますし、使う心理療法も変えていくのが心理カウンセラー本来のカウンセリングスタイルだと思っており、カウンセラー個々の実力の差ともなると信じています。
 
また、鬱をはじめメンタル不調の方は日々思うような時間の使い方が出来ず、行動できない自分を責める傾向があります。
たとえ毎日昼過ぎまで寝ていても週に一度でも決められた予定だけは少し身支度を整えて何とか行えるかが改善のために大きな違いとなります。
 
私がキャンセルを厳しくしている所以でもありますが、予約されていても来室出来ない方はまだ心理カウンセリングを受ける段階の前の状態と捉えていただき、カウンセリングを受けるより医師の診察以外自宅でしっかり休養に徹することをお勧めしています。
 
昨年から徹底して新型コロナの情報収集をし、現時点での最新知識を基に来室者、私自身が感染することがないようかなり慎重な空間除菌と対策を施しています。
 
引き続きできます限り対面での心理カウンセリングを続けますので、ご相談されたい方が対面カウンセリングでの重要性をご理解いただきお申込みをお待ちしております。
 
2021年01月11日 18:26

モバイルサイト

カウンセリング東京銀座ルームスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら

到津メンタルコンサルティング
〒104-0061
東京都中央区銀座6-6-1
銀座風月堂ビル5階
銀座ビジネスセンター内6号室

開室日 木・金・土曜日
(祝日は休室)

開始時間 9時45分~19時30分

事務対応 毎日10時~19時
メール随時受付