日本人には日本人に合った心理カウンセリングが必要です|到津メンタルコンサルティング|東京銀座

東京銀座、到津(いとうず)メンタルコンサルティングでは、日本人に合った心理カウンセリング、メンタルコンサルティングをご提供しております。

日本人には日本人にあったカウンセリングが必要です

ホームお知らせブログ ≫ 統合医療と心身一如、心と体のバランスが取れた生活のすすめ ≫

統合医療と心身一如、心と体のバランスが取れた生活のすすめ

2年続けてゴールデンウィークに移動の自粛要請がかかり期間中自宅にて過ごされた方も多かったことと思います。
海外旅行や行楽、様々なイベントなどに出かけるのに最適な時期であり、新鮮な空気や異文化にふれたり、キャンプやハイキングなど陽を浴びながらの軽運動。また感動する自然美や各地のおいしいものを食することにより日々のストレス解消に大きな役割を担っている週間ですが、長引くコロナの影響によりどなたにも心身に負荷がかかっていることが気になります。

私は心理学から医学研究科に進みましたので統合医療を主に学びました。
統合医療とは西洋医学・伝統医学・代替医療・民間療法など様々な医療を融合させる患者様中心の医療で、近代の西洋医学を生かしながら中医学やインド医学など各国の伝統医学、心理療法、自然療法、栄養療法、手技療法、運動療法等各種代替療法を総合的、体系的に選択・統合して最も適切な治療を施すものです。

なかでも私は中医学が重視する心身一如=心と体はつながっていて、心の不調が体の症状に影響したり、体の症状が心の不調を導くという概念と、生命が本来自ら心身の健康維持のためもっている自然治癒力やホメオスタシスと言われる恒常性(体内の環境を一定に保とうとするしくみ)を私の統合医療の中心に置き、各人の自然治癒力や恒常性高め、より機能する治療方法の研鑽に時間をかけました。

しかし私は心身不調の相談者様の心理カウンセリングではイメージとして、自らを人間部分・頭(脳)と、動物部分・体を対に二分にして心身一体とは逆に分けることにより、心身のバランスのとり方を理解していただくようにしています。

わかりやすい例として自分はインドア派で読書、ゲームをすることで癒され余暇の時間の多くを使っている方。
ボディービルダーみたいに体のトレーニングや食事管理をして美しい体作りをしている方。

この2例は2分したどちら側が楽しんでいる、喜んでいると思いますか。
人間部分・頭(脳)か動物部分・体どちらでしょうか。

インドア派の方は人間部分・頭(脳)、ボディービルの方は動物部分・体と答える方が多いですが、実はどちらも人間部分・頭(脳)部分が楽しんだり喜んでいます。

動物部分は動物だから動いてくれないと困るよ。もっと新鮮な空気を吸ってお日様にもあたってよ。
そんなに厳しいトレーニングばかりでは体もたないよ。プロティンばかりでなくおいしいものをたらふく食べたいなと悲鳴を上げています。
(どちらも否定しているわけでなく、わかりやすい例として捉えて下さい)

こうして2分してイメージをしてみると普段一方ばかりに偏った生活習慣になってないか心身不調の相談者様には確認してもらっています。

自分にとって大切な趣味、趣向であってもどちらかに偏っていると心身一如や自然治癒力・恒常性が機能せず結果身体はストレス過多の生活をして疾病や症状、障害が出るまで気づかずにいることにもなります。

コロナのことで生活様式が変わったり、自主的な自粛もされていている方も多いと思います。また働き方もリモート中心となっていく中で、人間部分・頭(脳)部分だけが喜ぶ、満足する生活習慣になりがちです。

動物部分・体はストレスが溜まり、ここから生じるストレスは普段はおとなしいですが爆発すると人間部分がいくら指示、指令をしても体は動きませんし、今まで楽しかったことも全く楽しめなくなり、三大欲求ほか各人それぞれの欲求や意欲が低下するか、または乱れます。

このような状態になると修復までかなり時間がかかる方が多く、時には大きな病となることもあります。

コロナ禍の中でどのように生活をしていくことが正しいか、なかなか答えは見つからないと思いますが、ここまで書いてきましたことも一つのご参考にしていただき、偏らない、バランスの取れた生活をそれぞれお考え下さい。
2021年05月12日 16:43

モバイルサイト

カウンセリング東京銀座ルームスマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら

到津メンタルコンサルティング
〒104-0061
東京都中央区銀座6-6-1
銀座風月堂ビル5階
銀座ビジネスセンター内6号室

開室日 木・金・土曜日
(祝日は休室)

開始時間 9時45分~19時30分

事務対応 毎日10時~19時
メール随時受付